The Thor(ザ・トール)

THE THOR(ザ・トール)でカテゴリーページを活用しましょう

【The Thor(ザ・トール)】カテゴリーページのカスタマイズ

WordPressでサイトを作成する際、カテゴリーを利用されている方も多いと思いますが、こちらは上手に活用されていますか?

記事ページと比べるとSEO効果は低いですし、ページそのものの重要度も低いですが、
上手に利用することで、多少の流入を見込めるページ作りを行うことができます。

と言っても、オリジナルでテーマを作成している場合には、カテゴリーページまでカスタマイズするのは大変です。
出来なくはないですが、面倒です。

が、「THE THOR(ザ・トール)」を利用している場合には、簡単にカスタマイズが可能です。
今回は、その「THE THOR(ザ・トール)」を使ったカテゴリーページのカスタマイズ方法について紹介します。

簡単なので、ぜひカテゴリーも活用して下さい。

※因みに、今回はカテゴリーページでの説明になりますが、タグページでも同様にカスタマイズが可能です。

 

カテゴリー毎に設定できる内容

THE THOR(ザ・トール)」のカテゴリーの登録画面は以下のようになっています。
「THE THOR(ザ・トール)」カテゴリ登録

こちらを登録することで、以下の内容をカテゴリー毎に設定することが可能です。
タイトルタグの設定
メタディスクリプション(meta description)の設定
メインキャッチの設定

■タイトルタグの設定

titleタグ」の項目を入力します。

■メタディスクリプション(meta description)の設定

meta description」の項目を入力します。

■メインキャッチと説明文の設定

メインキャッチや説明文を登録する専用の項目はないですが、
自由コンテンツ」という項目を利用することで、カテゴリーのメインキャッチと説明文テキストを表示させることが可能です。

自由コンテンツ」を利用することで、
例えば、以下のような見た目のカテゴリーページを作成することができます。
「THE THOR(ザ・トール)」カテゴリーページのサンプル

これで、カテゴリー毎にオリジナリティーのあるページが作成できますね。

 

カテゴリーの追加は慎重に

カテゴリーを追加する際に、無作為に追加されていないでしょうか?
カテゴリーに属する記事の数が少ない場合、数記事の為だけにカテゴリーを追加するのは止めましょう。

いくらカテゴリー毎にカスタマイズしても、記事数が少ないと、質の低いページが増えるだけなので、あまりおすすめはしません。
それに、記事数が少ないと、他ページとの重複コンテンツにもなりやすいです。

記事数が少ない場合(特に1記事しかないような場合)にはカテゴリーを作成しない(作成済みの場合には削除する)か、
noindex」を入れておくことをおすすめします。

因みに、「THE THOR(ザ・トール)」には、カテゴリーページへの「noindex」の設定を行う機能がありません。
今後、カテゴリー毎に設定出来るようになることを期待したいばかりですが、
現状は、「noindex」を設定する場合には、自分でカスタマイズする必要があります。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  2. ホームページ(homepage)
  3. システムアップデート
  4. エックスサーバー(XSERVER)
  5. エックスサーバー(XSERVER)
  6. エックスサーバー(XSERVER)
  7. WEBサイト構築
  8. スパム(SPAM)対策
  9. サイト公開
  10. ネームサーバーの登録

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • ブログのプロフィールなんかで使用するキャラクター用のイラストが完成しました。プロの方に頼むとめっちゃ男前に作ってくれたから、見栄はってるみたいではずかしいけど、取りあえずこれで運用開始です。 あとは、Twitterのアイコンも現在作成して貰ってる最中やから、来週中には完成しそう!
    about 16時間 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP