The Thor(ザ・トール)

WordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」は初心者にもおすすめ

WordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」を購入!

以前から気になっていたWordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」を、先月ようやく購入しました。
本当は、テーマの発売直後に購入する予定でしたが、いろいろあってこのタイミングになってしまいました。

で、使い始めて1ヶ月が経過しての感想は、
・かなり機能が豊富
・ただ、機能が多すぎて、全ての機能を使いこなすのが大変
・ページを検索結果の上位に持ってくる為の仕組みがいろいろと用意されているので、使いこなせれば、非常に有効
・初心者、経験者とわず、おすすめ
というものです。

買って良かったと思えた優良なテーマなので、
もう少し、「THE THOR(ザ・トール)」について詳細にまとめていきます。

 

自己所有サイトであれば使い回しが可能

THE THOR(ザ・トール)」は、自己所有のサイトであれば、1ライセンスで複数サイトに使い回しが可能です。

1サイトでしか使用できないテーマだと、複数ブログを運営する方にとっては非常に不便なので、
非常に助かります。

1サイト毎にテーマの購入が必要になってしまうと、かなりの出費になりますからね!

 

「THE THOR(ザ・トール)」は初心者の方にもおすすめ

機能が豊富な故に、全ての機能をいきなり使いこなす大変です。

なので、まずはいろいろ触ってみて少しずつでも慣れていけば、
WordPress初心者の方でも問題なく使いこなせるようになると思います。

それに、オリジナルでカスタマイズを加えなくても、
各パーツなどをそれぞれのサイトにあったものに変更していけば、かなり完成度の高いサイトを構築することが可能です。

そういった意味でも、初心者の方には特におすすめのテーマです。
自分で、オリジナルのPHPとかHTMLとかCSSとかJavascriptのコードを書くのって、けっこう大変ですからね。

もちろん、
WordPressを長年使ってこられた方にもおすすめのテーマです。
完成度の高いテーマなので、記事を書くことだけに集中できるのがとてもありがたいです!

 

「THE THOR(ザ・トール)」の満足している点

個人的には、非常に満足しています。

満足している点は
・デザインがパターンが豊富
・かなり完成度の高いサイトを構築できる
・プラグイン無しで、目次を追加できる
・プラグイン無しで人気記事を表示できる
・表示速度が速い
・記事毎にカラム数(1カラムまたは2カラム)を選択できる
・記事の装飾機能が豊富
・記事ページの見出し(H2~H5)のデザインを簡単に変更できる(しかも、選べるデザインパターンが豊富)
・記事分析機能
・記事毎にタイトルタグやメタディスクリプションの設定が可能
・カテゴリーページやタグページでもSEO対策が可能
・ランキングページの作成が可能
・記事の公開日(投稿日)だけでなく、更新日も表示
という点です。

もう少し詳しく見ていきます。

 

デザインがパターンが豊富

現時点で選べるのは以下の9パターンです。
「THE THOR(ザ・トール)」デザインパターン

洗練された今風のデザインから、シンプルなデザインまで揃っていて、自分の好みに合わせて選べます。

欲を言えば、弊社のお客さんは不動産会社さんが多いので、
例えば、賃貸サイトに特化したデザイン売買サイトに特化したデザインがあれば、
弊社のお客さんにも案内しやすくなるので、助かりますね!

デモサイトは以下です。
デモサイト

 

かなり完成度の高いサイトを構築できる

今回、「THE THOR(ザ・トール)」を使って構築したサイトは、以下です。
https://deep-blog.jp/trip/
※正確には、既存のブログのテーマを、「THE THOR(ザ・トール)」に切り替えたというイメージです。

私の個人的な旅の情報を時々アップしているブログサイトですが、
オリジナルでコードに手を加えることなく、ここまでのサイトを構築できました。

もちろん、新着記事おすすめ記事関連記事の表示など、基本的な表示機能は備わってますが、
嬉しいのは、カテゴリーやタグの絞り込み機能です。
絞り込み機能(検索機能)

カテゴリーやタグを上手く利用すれば、ちょっとした検索機能であれば簡単に作れそうですね。

 

プラグイン無しで、目次を追加できる

最近は、記事を見やすくするために「目次」を付けるサイトが増えてきました。
プラグインを使えば簡単に追加できるのですが、あまりプラグインを増やしたくないという方も多いと思います。

こちらのテーマには、その「目次」機能がデフォルトで付いているので、
プラグインの数を減らせて助かります。

目次の設定内容は以下です。
目次機能の設定画面
・目次に使用する見出しタグの数の設定
・目次に使用する見出しタグのレベルの設定
など、基本的な機能は備わっています。

それに加えて、こちらの目次機能の素晴らしい点は、
■記事毎に目次の表示非表示を設定できる
■ショートコード[outline]を利用することで、好きな位置に目次を表示できる
という点です。

特に、ショートコードで好きな位置に目次を挿入できるのは、個人的にすごく助かります。
目次のシュートコード

 

プラグイン無しで人気記事を表示できる

人気記事の表示機能も良く使いますね。

こちらもプラグインを使えば簡単に追加できる機能ですが、デフォルトで備わっているのであれば、
プラグインを増やさなくていいので、助かります。

設定は、ウィジェットから簡単に行うことができ、ユーザーにはこの様に表示されます。
人気記事表示

こちらではサムネイル画像を大きく表示させていますが、
サムネイルサイズを小さくして「左側に画像サムネイル」、「右側にテキストの抜粋」といった表示に変更することも可能です。

 

表示速度が速い

使用しているサイトはさくらインターネットのVPSサーバーです。
こちらのVPSサーバー自体のスペックも悪くはないですが、
THE THOR(ザ・トール)」に切り替えてから、以前にも増してページがサクサク表示されるようになりました。

ページの表示速度もGoogleの検索ランキングの指標の一つになっているので、
表示速度が速いというのは助かります。

ページの表示速度が速いと、ユーザーの離脱も防げますしね。

 

記事毎にカラム数(1カラムまたは2カラム)を選択できる

記事毎や固定ページ毎に、カラム数を1カラムまたは2カラムから選択できます。
THE THORの記事毎にカラム数の変更

サイト全体は2カラムで設定していても、
例えば、プライバシーポリシーなど特定のページのみ1カラムで構築したいという場合もあります。

もちろん、通常の投稿記事でも、記事の内容によってはカラム数をデフォルトから変更したいという場合があります。

そのような場合に、簡単にカラム数を変更できるのは便利です。

 

記事の装飾機能が豊富

文字に色を付けたり、下線を引いたり、ボタンを付けたり、
と、とにかく多くの装飾機能が付いているので、CSSの知識が無くても、かなり作り込んだ記事の作成が可能です。

このような感じです。
記事の装飾機能

 

記事ページの見出し(H2~H5)のデザインを簡単に変更できる

H2からH5の見出しタグは、
SEO対策の為だけではなく、記事を見やすくするためにも、必須のタグになります。
記事を見やすく整理して、ユーザービリティを上げることは、ユーザーの離脱を防げますしね。

THE THOR(ザ・トール)」では、見出しタグ毎にデザインを自由に選択できます。

しかも、選択出来る数が非常に多いです。
見出しタグの設定

 

記事の分析機能

こちらのテーマには記事の分析機能も付いています。
記事の分析機能の設定
必要な項目にチェックを入れると、記事一覧画面に集計結果を表示してくれます。

記事の分析機能

閲覧数だけではなく、タイトルや本文の文字数なども確認できるので、とても便利です。

タイトルに設定する文字数は32文字を超えないように注意したいので、
32文字を超えている記事が無いか一目でチェックできます。

それに、記事本文の文字数も気にしたいですね。
あまり文字数が少ないと検索からの流入を見込めなかったりするので、各記事何文字くらいかまでチェックできるのも、とても助かります。

 

記事毎にタイトルタグやメタディスクリプションの設定が可能

記事毎(固定ページも)にタイトルタグ(title)メタディスクリプション(meta description)の設定を行えます。

他のテーマでもよく実装されている機能ではありますが、基本的な機能がしっかりと実装されているのは、
オリジナルで面倒なカスタマイズを入れる必要がなくなるので、やはり助かります。

また、THE THOR(ザ・トール)」では、meta robotも記事毎(固定ページも)に設定が可能です。
noindex、nofollow、nosnippet、noarchiveの設定が可能です。

他記事と重複している場合質の低い記事はインデックさせたくない場合もあるので、
noindexやnofollowなどを記事毎に設定できるのも嬉しいです。

設定画面はこのようになっています。
タイトルタグ、メタタグの設定画面

 

カテゴリーページやタグページでもSEO対策が可能

カテゴリーページやタグページでも、ページ毎にタイトルタグ(title)メタディスクリプション(meta description)の設定が可能です。

記事ページ程重要なページではないですが、取りあえず作成しただけ!というのは勿体ないので、
ページ毎にタイトルタグやメタディスクリプションを設定できるのは助かります。

方法については、以下の記事でまとめています。
[ THE THOR(ザ・トール)でカテゴリーページを活用しましょう ]

 

ランキングページの作成が可能

主にアフィリエイト向けの機能ですが、タグランキングの作成機能も便利です。

非常に便利な機能なので、また別の記事で紹介する予定ですが、
使い方次第では、アフィリエイト以外のサイトでも利用可能です。

因みに、試しに作ってみたページがこちらです。
[ 行ってよかったおすすめ神社ベスト5 ]

さっと作成したものなので少し雑ですが、
きっちりと作り込めば、もっと魅力的なランキングページの作成が可能です。

そんなに難しい機能ではないので、購入された方は、ぜひ活用してみて下さい。

 

記事の公開日(投稿日)だけでなく、更新日も表示

THE THOR(ザ・トール)」では、記事の公開日だけではなく、更新日の表示設定も可能です。
更新日の表示
※もちろん、不要であれば、表示させないことも可能です。

記事の公開日が古いと情報の信ぴょう性が低くなってしまい、それだけで読み飛ばされてしまうこともあります。

その為、更新日を表示させることで、古い記事でも常に新しい情報に更新し続けているアピールにもなるので、
更新日の表示は、地味に重要な機能です。

 

その他の機能

上記で説明した以外にも、
・SNSシェアボタンの設定
・FacebookのOGP、Twitterカードの設定
・PWAの設定
なども可能です。

 

最後に

今、多くの素晴らしいテーマが販売されています。

個人的な意見にはなりますが、
その中でも「THE THOR(ザ・トール)」は別格かと思います。

機能の豊富さは、「使いこなすが大変」という側面も出てきますが、
慣れてくれば問題なく使いこなせるようになります。

もちろん、単に機能が豊富なだけではなく、サイトを検索ランキングの上位に持ってくる為の機能になります。
それに、SEOの内部対策も施されています。

今、一押しのテーマになります。

もし、「THE THOR(ザ・トール)」を使ってみたいという方は、こちらからどうぞ。

販売価格が14,800円(税別)とフリーのテーマを使用されている方や個人で使用される方にとっては少々高く感じかもしれないですが、
決して損をすることは無いテーマです!

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP