Coffee(コーヒー)

仕事の合間に何を飲みますか?

今回は、本業とは全く関係のないですが、「仕事の合間にはコーヒーを!」という話です。

「何を飲もうと勝手やろが!」と言われそうですが、勿論、何を飲んでも個人の自由です。
このご時世、会社の部下や後輩が飲んでいるものにまで口出せば、パワハラなんて言われかねないですからね。

が、敢えて言いわせて頂くと、プログラマーであれば、やはり仕事中はコーヒーにしておきましょう!
※他の職種は知らん!

コーヒーにはカフェインが多く含まれているので、眠気覚ましになります。
リラックス効果もあります。

眠くてウトウトしてしまいそうになった時や仕事が立て込んでイライラしてきた時に、
炭酸飲料なんて飲んでいませんか?
砂糖たっぷりの良く分からないもの(ミルクセーキ的なものやミックスジュース的なもの など)を飲んでいませんか?

コーヒーを飲んで目を覚ますことで、コードの書き間違いを減らせます。
イライラしてきた時に気持ちを静めることで、落ち着いてコードを書くことができます。

コーヒーの健康効果

コーヒーには様々な成分が含まれていて、多くの効果も謳われていますが、
代表的な成分や効果は、
■カフェイン
■コーヒーポリフェノール
■肥満予防(ダイエット効果)
の3つです。

カフェイン

カフェインには眠気覚まし効果リラックス効果は勿論ですが、
脳を活性化してくれる効果集中力アップの効果もあります。

プログラマーであれば、何時間もコードを書き続けることもあります。
脳も疲れて段々とコードを書く手が止まってくるので、
そんな時には、少し休んでコーヒーでも飲んで、もうひと踏ん張りしましょう。

コーヒーポリフェノール

テレビなどで耳にされた方も多いと思いますが、
コーヒーにはコーヒーポリフェノールなどというものが多く含まれています。

ポリフェノールと言えば、抗酸化作用です!
がん心筋梗塞、あとは動脈硬化などの生活習慣病の予防にもなります。

病気になって、仕事が出来なくなって、さらには、コードが書けなくなった。。。
なんて、嫌ですからね。

肥満予防(ダイエット効果)

コーヒーには、肥満予防の効果もあります。
自律神経が活性化されて、脂肪の燃焼が活性化するそうです。

プログラマーという仕事は深夜まで作業が続くということも多いので、
中々運動をする時間を取れない方も多いと思います。

過度なダイエット効果は期待できないでしょうが、
肥満の予防に効果があるのであれば、嬉しいですね。

まとめ

コーヒーには、カフェインやコーヒーポリフェノールが多く含まれていて、
多くの健康効果があります。

上記で紹介した以外にも、
・運動能力の向上
・二日酔いの解消
といった効果も期待できるようです。

ぜひ、仕事の合間のコーヒーを習慣づけることをおすすめします。

1日の目安

コーヒーの一日当たりの摂取量は、いろいろと意見が分かれているようですが、
1日に4~5杯くらい」というのが有力です。

コーヒーに限らずですが、同じものを取りすぎるのは健康に良くないという場合が多いので
適度な量を飲まれることをおすすめします。

カフェイン中毒という言葉があるくらいですから、飲み過ぎには注意しましょう!

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

アーカイブ

PAGE TOP