404 not found

【ページ削除時】ステータスコード410を返す方法

WordPressを使ってサイトを構築する際、
404.phpを作成すれば簡単に404ページを作成できて便利です。

ただ、当然、返されるステータスコードは404です。
本来、ページを意図的に削除した場合には、410というステータスコードを返す必要があります。

404と410の使い分けにはそこまで神経質になる必要はないので、
ページ削除に、404と410のどちらのステータスコードを返しても大差はないのですが、
きっちり410を返した場合もあります。

そのような場合には、「410 for WordPress」というプラグインが便利です。
WP プラグイン「410 for WordPress」

プラグイン「410 for WordPress」とは

410 for WordPress」とは、意図的に削除したいページがある場合に、410を返すようにしてくれるプラグインです。

410を返すようにした方が、
404を返す場合よりもインデックスページから早く削除されるので、
不要になったページをさっさと削除してしまいたい場合に便利なプラグインです。

「410 for WordPress」のインストールと設定方法

【インストール】

プラグインのインストールは、管理画面上からチャチャっと行ってしまいましょう。
「410 for WordPress」のインストール

【410の設定方法】

インストール後、
画面左カラムのプラグインメニューの中に「410 for WordPress」という項目が追加されているので、
そちらをクリックして下さい。
「410 for WordPress」の設定メニュー


プラグインの設定画面に移動します。
「410 for WordPress」の設定画面
こちらの画面から、410を返すページのURLを登録します。

で、設定する項目は、大きく分けて以下の3項目です。
■Obsolete URLs
■Recent 404 errors
■Manually add URLs

【Obsolete URLs】

こちらには、410を設定しているURLの一覧が表示されています。

基本、触ることが無いと思います。
ただ、もし削除したページを復活させたいという場合には、こちらの一覧からURLを削除して下さい。

【Recent 404 errors】

直近で404を返したページがあれば、その一覧が表示されています。
チェックを入れて「Add selected entries to 410 list」をクリックすると、410が返されるようになります。

【Manually add URLs】

こちらは、410を返したいページのURLを手動で登録する場合に利用します。

※「Recent 404 errors」と「Manually add URLs」で登録したURLが、「Obsolete URLs」に表示されるようになります。

これで、設定は完了です。

410ページのカスタマイズ

410のデフォルトの画面は、非常にシンプルなものです。

410を設定したページURLにアクセスしてみて下さい。
Sorry, the page you requested has been permanently removed.
と表示されただけの簡単な画面が表示されるだけです。

もし、410ページをオリジナルのデザインにカスタマイズしたい場合には、
404ページと同様に410.phpを作成してテーマディレクトリにアップロードして下さい。

 

ステータスコード410を返すメリット

最初に記載したように、
ページ削除時に404と410のどちらのステータスコードを返しても、Googleの扱いには大差はありません。

なので、そこまで神経質になる必要はありません。

ただ、410はページ削除時に設定するステータスコードなので、
きっちりと削除してしまいたい場合には、410を返すようにしましょう。

404を返している場合、
Googleのウェブマスター上にもクロールエラーとして長い間残ってしまいます。

それに、インデックスからもなかなか削除されないこともあるので、
それがうっとおしい場合には、410を返すようにしておきましょう。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP