404 not found

【HTTPステータスコード】404と410について

HTTPステータスコード 404と410の違い

HTTPステータスコードの「404」と「410」について調べる機会があったので、
こちらのブログでその内容をまとめておきす。

まず、404410は以下のような場合に返されるステータスコードです。

404(Not Found【未検出】) => ページが見つからない
410(Gone【消滅】) => ページが永久に削除された

404は、
例えば、
・ページのURLを打ち間違えてしまった
・ページを誤って削除してしまった
場合などに返されるステータスコードです。

410は、
ページが永久に削除された場合に返されるステータスコードです。
つまり、要らなくなって意図的にページを削除した場合に返すようにすればいいです。

とはいっても、
ページを意図的に削除したであろう場合にも404が返ってくることが多々あります。

ページが削除された場合、
404410のどちらを返しても大差ないということらしいです。

因みに、
Googleも404410をほとんど同様(多少の違いはありますが)に扱っているようなので、あまり気にする必要はないようです。

一応、410を返すということは意図的に削除しようとしているので、インデックスから消えるのが早いようです。
要らなくなったんで、さっさと削除してしまいたい場合には、きっちり410を返すようにすればよさそうですね。

因みに、
WordPressでは「404.php」を作成することで、ページが見つからない場合には404エラーコードを返すことが出来ます。
で、もし410を返した場合にはプラグイン「410 for WordPress」を利用すると簡単に対応できます。

必要な方は、そちらを利用してみて下さい。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP