Linux(リナックス)

【Linux】ユーザーの追加、削除、パスワード設定

Linux(リナックス) ユーザーの追加、パスワード設定、削除

 

ユーザー追加

■ユーザー作成の基本コマンド

# useradd ユーザー名

■ホームディレクトリを指定する場合

# useradd ユーザー名 -d ディレクトリ
オプション「-d」の後に指定したディレクトリがホームディレクトリとなります。

【使用例】
# useradd user01 -d /home/user01
ユーザー「user01」の作成と同時に、「/home/user01」というホームディレクトリが設定されます。

■グループ名を指定する場合

# useradd ユーザー名 -g グループ名
オプション「-g」の後に指定したグループ名が、作成したユーザーの所属グループになります。

【使用例】
# useradd user01 -g group01
ユーザー「user01」の作成と同時に、「group01」というグループが設定されます。

 

ユーザーにパスワードを設定

# passwd ユーザー名
でパスワードを聞かれるので、設定したいパスワードを入力してenter。
これで、ユーザーにパスワードが設定される。

※新規作成時だけではなく、既存ユーザーのパスワードを変更する場合にも、passwdコマンドを使用する。

 

ユーザー削除

■ユーザー削除の基本コマンド

# userdel ユーザー名

■ホームディレクトリも削除したい場合

# userdel -r ユーザー名

オプション「-r」を付けずにユーザーを削除すると、そのユーザーのホームディレクトリが残ったままになります。
サーバ上にゴミを残したくない方は「-r」を付けてユーザー削除を行いましょう。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. SEO対策とは
  2. SE(システムエンジニア)
  3. カメラ
  4. アクセス解析
  5. ファイアウォール
  6. 一眼レフカメラ
  7. システム開発用のアイキャッチ
  8. FTPサーバー
  9. システム開発用のアイキャッチ
  10. Warning
PAGE TOP