日本語ドメイン

日本語ドメインのバーチャルホスト設定(サブホスト設定)

先日、日本語ドメインのバーチャルホスト(サブホスト)設定を行う機会があったので、
メモ書き程度に情報を残しておきます。

サーバーは、さくらインターネットのVPSサーバー(CentOS7)です。

追加する日本語ドメインは、「日本語.com」、
サーバーのIPアドレスは、「62.176.54.296」、
とします。
ドメイン名IPアドレスもダミーなので、ご自分の環境に変更して設定を行って下さい。

日本語ドメインをピュニコード(Punycode)へ変換

日本語ドメインの場合、そのままだといろいろと認識してくれないので、
まず、ピュニコードという形式に変換します。

ピュニコードへの変換は、以下のサイトで簡単に行えます。
[ 日本語ドメイン/Punycode変換 ]

「日本語.com」をピュニコードへ変換すると、「xn--wgv71a119e.com」となります。

次は、ユーザーの設定です

ユーザーを追加

■ユーザーを追加
# useradd nihongo ※今回は、仮に「nihongo」というユーザー名にしておきます。
■ユーザーにパスワードを設定
# passwd nihongo
→パスワードを設定します

■Webコンテンツ格納用のディレクトリを作成する
# mkdir -p /home/nihongo/www/html
# chown -R nihongo /home/nihongo/www/html
# chmod 755 /home/nihongo

■confファイルの編集
confファイルに以下を追記します。

<VirtualHost 62.176.54.296:80>
ServerName xn--wgv71a119e.com
ServerAlias www.xn--wgv71a119e.com
DocumentRoot /home/nihongo/www/html
CustomLog /var/log/httpd/access_log combined
ErrorLog /var/log/httpd/error_log
</VirtualHost>

■Apacheの設定を再度読み込みます。
# systemctl reload httpd

これで、ホストの設定は完了です。

あとは、
ドメインの管理元の画面からAレコードの設定を行って下さい。

以下の2レコードを追加して下さい。

62.176.54.296 xn--wgv71a119e.com
62.176.54.296 www.xn--wgv71a119e.com

※レコードの設定が浸透するまでは、しばらく時間が掛かります。

■アクセスチェック
レコードの設定が浸透したら、
ブラウザ上から、
http://日本語.com

http://www.日本語.com
へアクセスして、問題なく表示されていれば、設定は完了です。

SSL(Let's Encrypt)をインストール

次は、SSLの設定です。
SSL証明書は、無料のLet's Encryptを利用します。

※今回は、Certbotのインストールは完了しているという前提で説明します。
 まだ、Certbotをインストールしていない場合は、難しい作業ではないので、事前にインストールしておいて下さい。

# certbot-auto certonly --webroot --webroot-path /home/nihongo/www/html -d xn--wgv71a119e.com -d www.xn--wgv71a119e.com -m info@example.com

■confファイルの編集
confファイルに以下を追記します。

<VirtualHost 62.176.54.296:443>
ServerName xn--wgv71a119e.com
ServerAlias www.xn--wgv71a119e.com
DocumentRoot /home/nihongo/www/html
CustomLog /var/log/httpd/ssl_access_log combined
ErrorLog /var/log/httpd/ssl_error_log
SSLEngine on
SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/live/xn--wgv71a119e.com-0002/cert.pem
SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/xn--wgv71a119e.com-0002/privkey.pem
SSLCertificateChainFile /etc/letsencrypt/live/xn--wgv71a119e.com-0002/chain.pem
</VirtualHost>

■Apacheの設定を再度読み込みます。
# systemctl reload httpd

これで、設定は完了です。

■アクセスチェック
ブラウザ上から、
https://日本語.com

https://www.日本語.com
へアクセスして、
問題なく表示されていれば、設定は完了です。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. SEO対策とは
  2. SE(システムエンジニア)
  3. カメラ
  4. アクセス解析
  5. ファイアウォール
  6. 一眼レフカメラ
  7. システム開発用のアイキャッチ
  8. FTPサーバー
  9. システム開発用のアイキャッチ
  10. Warning
PAGE TOP