SSL(HTTPS)

WordPressサイトの常時SSL通信設定(HTTP通信設定)

WordPress構築サイトの常時SSL通信設定

WordPressで構築したサイトの常時SSL通信設定についてまとめました。

方法は、2通り、
.htaccessを利用する方法
プラグインを利用する方法
の2通りがあります。
※他にもありますが、今回は説明しません。

プラグインの数は極力減らしたいところです。
設定方法も簡単なので、出来れば、.htaccessで設定することをおすすめします。

一応、今回は、「.htaccessで設定する方法」と「プラグインで設定する方法」も、説明します。

.htaccessで設定する方法

.htaccessで設定する場合は、以下を追記するだけです。

<IfModule mod_rewrite.c>
#SSL通信設定
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

これで、設定したサイトにアクセスしてみて、
問題なくhttps://~へリダイレクトされれば、設定完了です。

 

プラグインで設定する方法

上記で説明したように、常時SSL通信の設定は.htaccessを利用されることをおすすめしますが、
プラグインでも簡単に設定できます。

おすすめのプラグインは、「Really Simple SSL」か「WP Force SSL」です。

今回は、「Really Simple SSL」のインストール方法だけ説明しておきます。


まず、プラグインのインストール画面で「Really Simple SSL」を検索します。
Really Simple SSLをインストール
Really Simple SSL」が出てきたら、「今すぐインストール」をクリックしてインストール後、有効化して下さい。



プラグインを有効化すると以下の画面が表示されるので、「はい、SSLを有効化します。」をクリックして有効化します。
Really Simple SSLを有効化

これで、SSL通信(HTTPS通信)の強制化が完了です。

Really Simple SSL」での設定方法は、以下のサイトでも詳しく説明されています。
[ Really Simple SSL ]

WP Force SSL」の設定については、以下で詳しく説明されています。
[ WP Force SSL ]

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  2. ホームページ(homepage)
  3. システムアップデート
  4. エックスサーバー(XSERVER)
  5. エックスサーバー(XSERVER)
  6. エックスサーバー(XSERVER)
  7. WEBサイト構築
  8. スパム(SPAM)対策
  9. サイト公開
  10. ネームサーバーの登録

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • ブログのプロフィールなんかで使用するキャラクター用のイラストが完成しました。プロの方に頼むとめっちゃ男前に作ってくれたから、見栄はってるみたいではずかしいけど、取りあえずこれで運用開始です。 あとは、Twitterのアイコンも現在作成して貰ってる最中やから、来週中には完成しそう!
    about 17時間 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP