メールアドレス

サーバー

メールユーザー作成でトラブルが!!

弊社は、現在サーバ移転を実施中です。
※サーバーには、バーチャルホスト設定で複数ドメインを紐づけています。

 

で、早速トラブルが発生!!

今日は、そのことについての投稿です。

 

お問い合せ用でよく使うのがinfo@hoge.comといった、

info@~のメールアドレスです。

そこで、

info@hoge.com

info@hogehoge.com

の2つのメールアドレスを発行することに。

 

ところが、

infoという同一ユーザーを2つ発行しようとすると、

useradd: user 'info' already exists

というエラーが!!

 

既にinfoというユーザーは存在しますよ!!

と怒られてしまったようです。

 

同じユーザーが2つ存在するのはあれやこれやとまずいことが発生しそうなんで、

このエラーは当然といえば当然なんですが。。。。。。

 

でも、そんなふうに怒られても、

メールアドレスは「ユーザーID@ドメイン」となるから、

info@~というメールアドレス1個しか作れへんやん!!

となってしまいます。

 

そこで、

解決策が無いかGoogleで調べてみると、

直ぐに情報が出てきました!!

※因みに、使っているメールサーバはSendMailです。

 

簡単に説明すると、

infoではなく、

例えば「info01」と「info02」というユーザーを作成して、

「/etc/mail」直下にファイルにある「virtusertable.db」に

次の記述を追記するだけ。
info@hoge.com              info01
info@hogehoge.com     info02

あとは、Sendmailを再起動します。

# /etc/rc.d/init.d/sendmail restart

 

これで、

info01へのメールはinfo@hoge.comへ、
info02へのメールはinfo@hogehoge.comへ、

送信されるようになるみたいです。

 

具体的な方法は、

先ほどのサイトか、

でも説明してくれているので、

同じようにつまづいた方はそこを参考にしてみてください。

 

それにしても、

サーバの設定ではいろいろトラブルが頻発して難しいです。

 

今までレンタルサーバーかラピッドサイトのVPSサーバーしか使ってこなかった人間なんで、

こんな風に自分で試行錯誤しながらインストールして設定していくと、

サーバーについて少しずつ理解が深まってきて面白いですね!!

 



WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. おすすめサーバ(レンタルサーバ)
  2. SSL(HTTPS)

    サーバー

    UbuntuへLet’s Encryptをインストール

    今回は、UbuntuサーバにLet's Encryptをインス…

  3. Apache(アパッチ)

    サーバー

    開発サーバで文字化けが!!

    弊社の開発サーバーにEUC-JPで作成したサイトをアップすると、な…

  4. Linux(リナックス)

    サーバー

    yumコマンドがロックされてました。。。

    centOSを入れているサーバーで、# yum install x…

  5. Apache(アパッチ)

    Linux

    【Ubuntu】Apacheの再起動・起動・停止コマンド

    UbuntuサーバでのApache(WEBサーバ)の再起動…

  6. WP:WordPress(ワードプレス)

    WP(WordPress)

    WordPressの投稿がなぜか予約投稿になってしまいます。。。

    WordPressからの記事投稿時、未来日時にしていないにもかかわ…

最近の記事

  1. SEO関連タグ
  2. SEO関連タグ
  3. レンタルサーバー(共用サーバー)
  4. システム開発用のアイキャッチ
  5. システム開発用のアイキャッチ
  6. ドメイン 利用制限
  7. WP:WordPress(ワードプレス)
  8. システム開発用のアイキャッチ
  9. システム開発用のアイキャッチ
  10. Theme(テーマ)の選択
PAGE TOP