メールアドレス

【CentOS】 メールユーザー作成で「useradd: user 'info' already exists」というエラーが!

弊社は、現在サーバ移転を実施中です。
※サーバーには、バーチャルホスト設定で複数ドメインを紐づけています。

 

で、早速トラブルが発生!!

今日は、そのことについての投稿です。

 

お問い合せ用でよく使うのがinfo@hoge.comといった、

info@~のメールアドレスです。

そこで、

info@hoge.com

info@hogehoge.com

の2つのメールアドレスを発行することに。

 

ところが、

infoという同一ユーザーを2つ発行しようとすると、

useradd: user 'info' already exists

というエラーが!!

 

既にinfoというユーザーは存在しますよ!!

と怒られてしまったようです。

 

同じユーザーが2つ存在するのはあれやこれやとまずいことが発生しそうなんで、

このエラーは当然といえば当然なんですが。。。。。。

 

でも、そんなふうに怒られても、

メールアドレスは「ユーザーID@ドメイン」となるので、

info@~というメールアドレス1個しか作れなくなってしまいます。

 

そこで、

解決策が無いかGoogleで調べてみると、

直ぐに情報が出てきました!!

※因みに、使っているメールサーバはSendMailです。

 

簡単に説明すると、

infoではなく、

例えば「info01」と「info02」というユーザーを作成して、

「/etc/mail」直下にファイルにある「virtusertable.db」に

次の記述を追記するだけ。
info@hoge.com              info01
info@hogehoge.com     info02

あとは、Sendmailを再起動します。

# /etc/rc.d/init.d/sendmail restart

 

これで、

info01へのメールはinfo@hoge.comへ、
info02へのメールはinfo@hogehoge.comへ、

送信されるようになるみたいです。

 

具体的な方法は、

先ほどのサイトか、

でも説明してくれているので、

同じようにつまづいた方はそこを参考にしてみてください。

 

それにしても、

サーバの設定ではいろいろトラブルが頻発して難しいです。

 

今までレンタルサーバーかラピッドサイトのVPSサーバーしか使ってこなかった人間なんで、

こんな風に自分で試行錯誤しながらインストールして設定していくと、

サーバーについて少しずつ理解が深まってきて面白いですね!!

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. ブログのネタ探し
  2. プログラミング
  3. SSLとは
  4. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  5. 常時SSL通信設定方法
  6. htaccessとは
  7. WordPress
  8. WordPress
  9. 動的URLを疑似静的化
  10. ホームページ(homepage)

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • 客「SSL設定して貰えませんか?」 ↓ 弊社「では、SSLのインストールを行うので、サーバのコントロールパネルへアクセスさせて貰えますか?」 ↓ 客「それはできません。自分たちで設定するので、弊社に来て設定が間違えていないか横で見… twitter.com/i/web/status/1…
    about 16時間 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP