おすすめサーバ(レンタルサーバ)

「おすすめのサーバー○○選」「SEOに強いサーバーは○○」という記事は信用するな!

SEO効果のあるレンタルサーバー(共用サーバー)って何?

というお話です。

そんなものは、あるはずがありません。

個人的なことなので詳しいことは書きませんが、
ちょっとそう思うきっかけがあったので、
今回はこのテーマで記事を書こうと思います。

で、まず言いたいのは、
SEOとレンタルサーバーを絡めておすすめサーバーをGoogleで検索するのは、無意味です。

Googleは、サイトの表示速度も、影響は小さいながら検索ランキングのシグナルに入れると言っています。

が、一般的に良く使用されているレンタルサーバーレベルであれば、表示速度にそれほど大きな差はないです。

弊社のような中小企業(ほとんどの企業が中小企業ですが)のサイトであれば、
表示速度、諸々のスペック、使い勝手の良さ、実績、費用、あと評判などを考慮しても、
さくらインターネッエックスサーバーで全く問題はありません。

9/26まで


個人ブログで利用するのであれば、ロリポップでもOKです。
ロリポップを会社サイトで利用するのは、止めて下さい。

あと、おすすめのサーバー〇〇選という内容の記事も、あまりおすすめしません。

例えば、おすすめサーバー10選という記事があったとして、
10個も候補を挙げられても困ります。

もし、
○○のサーバーは使うな!
といった内容の記事は、経験上から言われていることだと思うので、
個人的な感情も入っているかもしれないですが、多少は信用していいと思います。

あとは、
1つのサーバーに関して、実際の利用経験も踏まえた上で事細かに解説されているような記事も、
信用していいかなと思います。
※アフィリエイト目的で、多少は誇張されている場合もありますが。

が、おすすめのサーバーといって、つらつらと並べているような記事はあまり意味がないと思います。

もう一度言いますが、
レンタルサーバーをお探しの場合には、
さくらインターネットエックスサーバー、個人ブログであればロリポップでも十分です。

いずれのレンタルサーバーも十分な速度が出ています。

それに、
さくらインターネットとエックスサーバーは、
無料SSL(Let's Encrypt)を簡単に利用可
PHP7.2を利用可(PHP5.6も利用可)
MySQL5.7を利用可
WordPressのインストール機能付き
メールは当然利用可
など、
ホームページを運用するのに必要な最低限の環境は、きちんと揃っています。

特別な何かやりたいというのであれば別ですが、
そうでなければ、
この環境で充分です。

それでも満足が出来なければ、
費用がかさみますが、
レンタルサーバーではなくて、高スペックな専用サーバーを借りて、
自分でWEBサーバーを立てて、各アプリケーションをインストールして、
さらに、高速化の為の諸々の設定を行って下さい!

 

法人向けビジネスプランにご興味ある方は、こちらかどうぞ。↓
10/31まで初期費用半額キャンペーン実施中です。


この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. WP:WordPress(ワードプレス)
  2. URL設計(URLデザイン)
  3. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  4. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  5. URL リダイレクト
  6. インデックスされない
  7. 内部対策は必要?
  8. CMS(シーエムエス)
  9. SEO業者は必要?
  10. SSL(HTTPS)

Twitter

  • 機械学習を少し勉強してみて思ったのは、Pythonがよく使われるのは便利なライブラリーが揃っているので、楽!というだけ。 多分、Pythonを使えば、数学なんて全く分からんくても、勉強して流れさえ掴めば、誰にでも出来る分野だという… twitter.com/i/web/status/1…
    about 1日 ago via Twitter Web App

アーカイブ