WWW

httpd.confを編集してURLを正規化(wwwあり・なしの統一)

Apacheの設定ファイル「httpd.conf」を編集して、WEBサイトのURLのwww有無を統一

以前、
.htaccessを編集して、WEBサイトURLの wwwあり、または、wwwなし をどちらかに統一する方法をこちらのブログに投稿しました。
[.htaccessでwwwあり・なしを統一]

.htaccessを使えるのであれば(ほとんどの場合使えますが)、.htaccessを編集することをおすすめします。

が、Apacheの設定ファイルであるhttpd.confを編集して設定する方法もあります。

 

httpd.confを編集するのは気を遣うのであまりおすすめしていないのですが、

先日どうしてもhttpd.confを使って設定する必要があったので、

その際の内容をメモ書き程度に残しておきます。

 

といっても、難しい方法ではないです。

wwwありに統一する場合には、

# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

で、ファイルを開いて、以下の3行を追記するだけです。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^sample\.com
RewriteRule ^/(.*) http://www.sample/$1 [R=301,L]

全体では、以下の様な記述になると思います。

<VirtualHost *:80>
ServerName sample.com
ServerAlias www.sample.com
DocumentRoot /var/www/html

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^sample\.com
RewriteRule ^/(.*) http://www.sample/$1 [R=301,L]

</VirtualHost>

逆に、wwwなしに統一する場合には、以下の様な記述を追記すればOKです。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.sample\.com
RewriteRule ^/(.*) http://sample.com/$1 [R=301,L]

httpd.confを編集した後は、必ず、リロードで設定内容を読み込み直して下さい。
# service httpd reload ← リロード コマンド

 

これで、wwwの有無を統一できていると思いますが、

必ず設定に問題ないか動作チェックを行って下さい!

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  2. 常時SSL通信設定方法
  3. htaccessとは
  4. WordPress
  5. WordPress
  6. 動的URLを疑似静的化
  7. ホームページ(homepage)
  8. 日本語ドメイン
  9. パンくずの構造化
  10. ホームページを公開したら、必ずやるべき事

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • 今日は朝からマニュアル作成 なんでマニュアル作成って、こんなにつまらないんやろ。 必要やから作成するけど、コード書くかブログ記事のアップを行いたい。
    about 2日 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP