Database(DB:データベース)

phpPgAdminをインストール

phpPgAdminのインストール方法についてのメモ書きです。

 

まずは、phpPgAdminをインストールします。
# yum -y install phpPgAdmin

次に、設定ファイルを修正します。
# vi /etc/phpPgAdmin/config.inc.php

として、以下の2か所を変更します。
============================================
$conf['servers'][0]['host'] = '';

$conf['servers'][0]['host'] = '127.0.0.1';
============================================

============================================
$conf['extra_login_security'] = true;

$conf['extra_login_security'] = false;
============================================
※postgresユーザーでもログインできるように設定。

 

これで、

https://ホスト/phpPgAdmin/

にアクセスして画面が表示されればOKです。

403 Forbidden You don't have permission to access /phpPgAdmin/ on this server.

になってしまいました。

 

そう言えば、

以前「phpMyAdmin」でも同じ現象が発生したような。。。
https://deep-blog.jp/engineer/archives/1996

 

ということで、

# vi /etc/httpd/conf.d/phpPgAdmin.conf

としてconfファイルを確認すると、

やはり「Deny from all」となっていました↓
======================================
<Location /phpPgAdmin>
Order deny,allow
Deny from all
Allow from 127.0.0.1
Allow from ::1
# Allow from .example.com
</Location>
======================================

なので、

今回も、

======================
Deny from all
======================

をコメントアウトします。

======================
# Deny from all
======================

設定変更後は、Apacheの再起動も忘れずに行います。
# service httpd restart

これでもう一度画面にアクセスすると、

今度は問題なく表示されました。
phpPgAdminのログイン画面

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. SSLとは
  2. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  3. 常時SSL通信設定方法
  4. htaccessとは
  5. WordPress
  6. WordPress
  7. 動的URLを疑似静的化
  8. ホームページ(homepage)
  9. 日本語ドメイン
  10. パンくずの構造化

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP