SSL(HTTPS)

サーバー

運営中のSSL設定サイトを移管する場合にはご用心を

今日は、

今運用している某サイトを

さくらインターネットの共用サーバに移管しようとした際の話です。

 

このサイトは現サーバで既に常時SSL通信の設定が完了しており、

HTTPS通信の状態でGoogleにはインデックスされています。

 

なので、

切り替え前に「さくらインターネット」側でもSSLの通信設定を行っておく必要があるのですが、

「さくらインターネット」では、

「Aレコードの設定」を行ってドメインの「IPアドレス」をさくらインターネットに向けておかないと、

SNIを有効にできません。

お客様のドメインのサーバ設定が利用中のサーバとは異なるIPアドレスに設定されているため、無料SSL機能はご利用いただけません。

というメッセージがコントロールパネルに出ている思います。

 

これだと、

切り替えた後じゃないとさくらインターネット側のSSL通信設定ができないことになります。

 

移管元のサイトがまだSSL通信の設定を行っていないのであれば問題ないですが、

今回だと大問題ですね。

 

既にHTTPS通信の状態でインデックスされているので、

切り替え後も、

当然ユーザーはGoogle検索で「https://~」のURLにアクセスしてきます。

 

そうなると、

「この接続ではプライバシーが保護されません」

という表示になり、

サイトが表示されなくなります。

 

勿論、

HTTPS接続で通信エラーになるサイトを、

HTTP通信にリダイレクトさせることもできません。

 

一応サポートにも問い合わせてみましたが、

やはり解決方法はありません。

何だかな~という感じです。。。

私も、

契約前にそこまで情報を調べてからサーバを選択しなかったのも問題ですが。。。

 

取り合えず、

切り替えが完了して新サーバ側に浸透すれば、

直ぐにSSLのインストールを行って被害を極力少なくする方向で持っていくしかないです。

 

移行元サーバでSSLを導入しているサイトに限っての話ですが、

今後は、

同様の作業が発生した場合には別サーバを検討するしかないですね。

 

とはいっても、

個人的には(というか会社としても)、

さくらインターネットの共用サーバ(VPSサーバ、専用サーバもですが)は使いやすいですし、

問題が発生することも少ないですし、

さくさく動いてくれるので、

一番よく使用しているサーバです。

 

なので、何かいい解決方法を用意して欲しいですね。

 

因みに、

以下のサイトに対応方法が一つ紹介されていました。
https://www.marineroad.com/staff-blog/19504.html

弊社の場合、

現サーバ側の問題で「エイリアスなし(WWWなし)」と「エイリアスあり(WWWあり)」のドメインのレコードをずらして登録できなかったので(それも問題な気がするのですが。。。)、

今回はこちらの方法も見送ることになりましたが!!

WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. SSL(HTTPS)

    サーバー

    【KUSANAGI】無料SSL「Let's Encrypt」をインストール

    「KUSANAGI」でサイトを構築する際のお話です。…

  2. サーバー設定

    サーバー

    キー(鍵)の有効期限切れエラー:The following signatures were inva…

    Ubuntuで運用しているサーバがあるのですが、もろもろの理由で、…

  3. 共用サーバ(レンタルサーバ)
  4. Apache(アパッチ)

    サーバー

    phpMyAdminへのアクセスを拒否されました!!

    さくらインターネットで新しく借りたVPSサーバーに、MySQLの管…

  5. SSL(HTTPS)

    サーバー

    「Let’s Encrypt」について

    先日、さくらインターネットさんから、*-*-*-*-*-*-*-*…

  6. GoLand(Go言語)

    サーバー

    Nginx + Go言語でウェブアプリを作成

    Nginx(エンジンエックス) + Go言語(Golang)でウェブア…

最近の記事

  1. WordPressのセキュリティ対策(脆弱性対策)
  2. ドメイン失効
  3. SEO関連タグ
  4. SEO関連タグ
  5. レンタルサーバー(共用サーバー)
  6. システム開発用のアイキャッチ
  7. システム開発用のアイキャッチ
  8. ドメイン 利用制限
  9. WP:WordPress(ワードプレス)
  10. システム開発用のアイキャッチ
PAGE TOP