Database(DB:データベース)

その他もろもろ

【PostgreSQL+PHP】pg_field_nameでフィールド名(カラム名)を取得

【PHP】pg_field_name()関数について

pg_field_name()関数で、テーブルのフィールド名(カラム名)を取得することができます。

例えば、デバッグ時にテーブルに存在するフィールド名を取得したい場合などに役に立つ関数です。

ただ、使う機会は多くはないです。
が、せっかくなので簡単にまとめておきます。

 

関数の説明

pg_field_name(リソース, int フィールド番号)

■リソース:検索結果のリソースを設定

■フィールド番号:名前を取得したいフィールド(カラム)の番号
  フィールド番号は0(ゼロ)から開始するので、
  もし、3番目のフィールドの名前を取得した場合には、「pg_field_name($res, 2)」とします。

 

使い方の例

<?php
$res = pg_query($con, "SELECT id,name,tel,email,address FROM SAMPLE_TABLE WHERE id = 100");
echo "フィールド名は「" . pg_field_name($res, 2) . "」です";
?>
↓結果
フィールド名は「tel」です。

 

pg_num_fieldsとセットで使用する場合

pg_field_name()pg_num_fields()をセットで使用することも多いです。

pg_num_fields()については以下を参照して下さい。
[ pg_num_fieldsでフィールド数(カラムの数)を取得 ]

<?php
$res = pg_query($con, "SELECT id,name,tel,email,address FROM SAMPLE_TABLE WHERE id = 100");
$i = pg_num_fields($res); //フィールド数を取得
for($j = 0; $j < $i; $j++){
  echo "フィールド番号{$j} / ";
  echo "フィールド名:" . pg_field_name($res, $j) . "\n";
}
?>

結果は以下のようになります。

フィールド番号0 / フィールド名:id
フィールド番号1 / フィールド名:name
フィールド番号2 / フィールド名:tel
フィールド番号3 / フィールド名:email
フィールド番号4 / フィールド名:address

 

WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. Java

    その他もろもろ

    【新PCの設定⑧】Javaの設定

    次はJavaのインストールです。まずは下記サイトよ…

  2. SSL(HTTPS)

    その他もろもろ

    GoogleがシマンテックSSL証明書を無効にします

    GoogleがSSL通信を推奨し始めてから、当社お客様でも導入され…

  3. レスポンシブ

    その他もろもろ

    レスポンシブ対応サイトの確認は「Responsinator」が便利です!

    今回は、レスポンシブ対応サイトを作成する際に便利なデザインチェックツー…

  4. その他もろもろ

    Cドライブのお掃除です!!

    今日は台風の為、少し遅れて9時半頃に出社しました!!&nbsp…

  5. 目標
  6. CMS(シーエムエス)

    その他もろもろ

    MODX Evolutionをインストールしてみました!!

    以前から気になっていたMODXを使ってみようと、MODX Evol…

最近の記事

  1. WordPressのセキュリティ対策(脆弱性対策)
  2. ドメイン失効
  3. SEO関連タグ
  4. SEO関連タグ
  5. レンタルサーバー(共用サーバー)
  6. システム開発用のアイキャッチ
  7. システム開発用のアイキャッチ
  8. ドメイン 利用制限
  9. WP:WordPress(ワードプレス)
  10. システム開発用のアイキャッチ
PAGE TOP